PR | お部屋を2K QHD高画質でぐるっと見守り。TP-LinkのスマートAI Wi-Fiカメラ「Tapo C225」レビュー

  • URLをコピーしました!
\ お得なセール情報 /

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

今回はTP-Linkさんから新しく展開された、見守りカメラ「Tapo C225」をご紹介。

家の中で子供やペットの見守りするのに便利なカメラ。

「Tapo C225」は、スマートAIを搭載、400万画素の鮮明な画質が特徴のハイエンドモデル

欲しい機能が全部詰まった、今欲しい見守りカメラとなっています。

\ お得なクーポン /

楽天限定 Tapo C225 15%OFFクーポン(対象商品1個まで)

  • クーポンコード:13Y6-0OH2-EU36-2VSE
  • 期間:~2023/5/21
  • 予定数:限定100個

\ Tapo C225 15%OFFクーポン配布中 /

パンチルトスマートAI Wi-Fiカメラ「Tapo C225」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 400万画素(2K QHD)の見守りカメラ
  • パン/チルト+動的検知&自動追尾機能
  • スマートトラッキング
  • 光量が低いところでも映るスターライトセンサー
  • スマホでの音声通話
  • アラート機能
デメリット
  • アラート音が大きい
  • アレクサ非対応
おすすめな人
  • 防犯・Wi-Fiカメラを探している方
  • ペットや小さなお子さんがいらっしゃる方

画質は400万画素を搭載した2K QHD画質、内蔵されたスマートAIから小さな被写体の表情まで確認することができる。

パンチルト+自動追尾機能のおかげで、動体検知もスムーズに機能。

気になる方はぜひ手に取ってみてください。

目次

パンチルトスマートAI Wi-Fiカメラ「Tapo C225

Tapo C225の特徴 /

  • フィジカルプライバシーモード有効にするとレンズが物理的に隠され、安心してプライバシーを守る
  • AI検知&通知スマートAIが人物・ペット・車両、異常な音も認識し、必要に応じてユーザーへお知らせ
  • パンチルト:水平方向に360º・垂直方向に149ºの首振りが可能
  • スマートトラッキング:対象を自動で追尾し、常にカメラの視野内に収める
  • スターライトセンサー:高感度のスターライトセンサーが、暗い場所でも高画質の映像を実現
  • アラーム機能:不審な人物が映ったら、アラーム音とライトで警告
  • 双方向通話:マイクとスピーカーを内蔵しているので、アプリで画面越しにコミュニケーションが可能
  • かんたん設定:アプリの表示に沿って進めるだけで手軽にセットアップ
■ 仕様表

▼カメラ

イメージセンサー1/3“
解像度2K QHD/4MP(2560 × 1440 px)
レンズF/NO:1.6±5%;焦点距離:4mm±5%
ナイトビジョンナイトビジョン
視野水平に360°、垂直に149°

▼ネットワーク

セキュリティSSL/TLSによる128 ビット AES 暗号化
Wi-FiプロトコルIEEE 802.11b/g/n, 2.4 GHz
プロトコルTCP/IP, DHCP, ICMP, DNS, NTP, HTTPS, TCP, UDP
周波数2.4GHz
DHCP・4GB~512GBのSDHCまたはSDXCカード(SDカードには非対応)・WPAまたはWPA2で保護され、DHCPで運用されたWi-Fiネットワークによるインターネット接続
ワイヤレスセキュリティWPA/WPA2-PSK

▼ビデオ

動画圧縮H.264
フレームレート2560×1440@15fps
ビデオ ストリーミング2K QHD
音声圧縮G.711

▼音声

音声通話双方向通話
音声 入/出力:マイクおよびスピーカー内蔵

外観

製品サイズ8 x 8 x 11.2 cm、重さ320g(実測値)の見守りカメラ。

モノトーンカラーに赤いラインが1本入った、シンプルで落ち着きのあるデザイン。

雰囲気はセコムの防犯カメラのような佇まい。天井に張り付けてありそうだ。

サイズ感はiPhone13 miniくらいの高さ。

TP-Linkさんの見守りカメラはほかにもいくつか展開されているけれど、どれもミニマルで素敵。

内容物は全部で5点。

内容物
  • Tapo C225本体
  • ACアダプター
  • ネジ・アンカー
  • 天井アダプター
  • 取扱説明書

壁面や天井付のためのネジやアンカーが含まれている。特に気になるモノもなく、スムーズに設定が始められそうだ。

底面は安定感のあるゴム素材が使用されている。

天井に取り付ける際の穴やアダプター用のスペースも確保。

カメラ背面にはmicroSDカードスロットリセットボタンがついている。

最大512GbのSDカードを挿入して、スマホからいつでも再生することができる。

360°広範囲パンチルトカメラ

中央のカメラはパンチルト対応し、水平方向360°、垂直方向149°と広範囲をスムーズに撮影することができる。

画質は最大「2K QHD」で見守りカメラとしては十分すぎるほど。

コントローラー機能は全部で3つ。

コントローラー機能
  • パン/チルト:垂直・水平移動をコントロール
  • マーク:マークした位置を記録、瞬時にその位置まで移動
  • パノラマ:水平パノラマからを撮影し、瞬時にタップした位置まで移動

見守り対象を瞬時に確認したり、普段の部屋の様子を視覚的に確認することができる。

パノラマ機能はベータ版なので、アップデートは正式リリースにも期待。

AI検知機能

Tapo C225は優秀なスマートAI機能を搭載。

AI検知
  • 人物
  • ペット
  • 車両
  • 赤ちゃんの泣き声
  • ガラスの破損
  • 犬の鳴き声
  • 猫の泣き声

人物やペットなど、動体検知機能が備わっているので、移した映像を瞬時に判別してくれる。

検知したら、アプリから通知が届くので見逃す心配も少なそうだ。

検知機能は「アクティビティゾーン」を設定することで、指定したゾーンのみを検出することができる。

カメラが固定している場合や、余計な対象物を除外したいシーンでとても役に立つ機能。

スケジューリング機能から検知した時間帯だけ録画することや、時間帯を絞った操作も可能となっている。

自動追尾機能

自動追尾機能から、動いている人やモノを自動的に追尾してくれるシステムも搭載。

精度100%というわけではないが、人物やペットでもおおよそ問題なくトラッキングしてくれる。

これは、見守りカメラとして、とても嬉しい機能で重宝すること間違いないだろう。

ナイトビジョンLED

スターライトモード
赤外線モード

ナイトビジョンLED機能が搭載されているので、夜間でも撮影可能。

高精度のスターライトセンサーから、夜間の光量が少ないシーンでも繊細な映像を映し出してくれる。

従来のモノクロ映像は赤外線モードから表示することが可能。

ナイトモード
  • スターライトモード:暗い場所でも高画質で捉える
  • 赤外線モード:夜間や暗闇で赤外線を使用し、モノクロの映像を表示

フィジカルプライバシーモード

筐体の前面に置かれているボタン「フィジカルプライバシー」を押すことで、カメラを下に下げることができる。

見守りカメラを使用しない場面では、カメラを収納することでレンズの圧迫感を下げることも。

ボタン一つでスムーズな操作性はとても気持ちいい。

相互通話機能

スマホアプリから相互音声通話に対応。

見守りカメラ越しにスマホを通して、相手と通話することができる。

アプリ操作のため、遠い場所でも連絡することもできるので、見守りカメラに通話機能があるのは色々な場面で助かりそう。

内部ストレージ/ Tapo Care

録画は最大512GbのSDカードを挿して、内部ストレージとして使用可能。

映像を録画して、アプリからいつでも確認することができる。

Tapo Care(有償)利用すれば、30日間分の無制限クラウドストレージを使用することができる。

30日経過後は、1台につき月400円から利用できるそう。

10台で利用した場合、4,000円 → 1,380円で利用できるため、店舗型や家大きい方など、複数台取り付けるような方にもおすすめ。

Wi-Fiカメラシリーズ

TP-Linkから「Wi-Fiカメラ」シリーズは12種類ほど展開されている。

今回は中でも人気のある製品4点と比較。

スクロールできます


Tapo C225

Tapo C200

Tapo C310

Tapo C420S2
解像度4MP (2K QHD)1080p Full HD3MP4MP (2K QHD)
室内/室外室内室内室内/室外室内/室外
スマホアプリTapo アプリ対応]Tapo アプリ対応Tapo アプリ対応Tapo アプリ対応
首振り機能
動体自動追尾機能
ハブ必須
価格(Amazon)¥7,900¥4,791¥6,580¥29,800
購入する購入する購入する購入する
Tapoシリーズの比較

今回ご紹介する「Tapo C225」は”室外”の使用以外を除けば、すべての機能を網羅している。

室内・室外の両方で使用したい方は「Tapo C310」がおすすめ。防犯カメラとして雨天問わず使用したい方は「Tapo C420S2」がいいね。

コスト面を下げたい方は、室内と動体追尾機能を除けば「Tapo C200」がおすすめだろう。

どれも、それぞれの用途や重視しているポイントがあるので、ぜひチェック。

設定方法

STEP
「Tapo」アプリインストール
TP-Link Tapo
TP-Link Tapo
TP-Link Tapo
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ
STEP
アプリ設定

Tapoアプリをインストールしたら、右上の+ボタンをタップし、「Tapo C225」追加。

Tapoの電源を入れた後、スマホのWi-Fi設定から「Tapo_Cam_XXXX」を選択。

ネットワーク、パスワードを入力すると自動的にセットアップが開始される。

ペアリングが完了したら、デバイスの名前をつけて、置く場所を決めれば設定完了。

お疲れさまでした。

TP-Link Tapo C225 気になるポイント

アラート音がやや大きい

「Tapo C225」のアラート音は、結構大きい印象(初期設定時)

この大きさのおかげで、何かあったときすぐに気づけるのは嬉しいところ。だけれど、心臓に悪いくらい大きいので、なるべく鳴ってほしくないのが正直な感想。

設定からアラーム音の大きさや音の種類を調節することができる。僕みたいに気になる方は、アラームONにする前に設定を変更しておこう。

この音は防犯としての役目も果たせると思うので、何かあったときは心を鬼にして使用するか。

アレクサ非対応

「Tapo C225」の少し残念なポイントはアレクサなど、他メーカーと連携ができないところ。

アプリから「提携アクション」を設定して、カメラを動かす機能が今のところないみたい(2023/4現在)。

現在対応しているのはIFTTTによる連携のみだそうなので、今後のファームウェアアップデートに期待している。

まとめ

今回はTP-Linkさんの見守りカメラ「Tapo C225」のご紹介でした。

ほかのメーカーからも見守りカメラは多数展開されていますが、今回のTapo C225は、「見守り」に必要な機能全部載せの万能カメラ

カメラとしての機能をがっつり導入したい方はぜひ手に取ってみてください。

\ お得なクーポン /

楽天限定 Tapo C225 15%OFFクーポン(対象商品1個まで)

  • クーポンコード:13Y6-0OH2-EU36-2VSE
  • 期間:~2023/5/21
  • 予定数:限定100個

\ Tapo C225 15%OFFクーポン配布中 /

パンチルトスマートAI Wi-Fiカメラ「Tapo C225」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 400万画素(2K QHD)の見守りカメラ
  • パン/チルト+動的検知&自動追尾機能
  • スマートトラッキング
  • 光量が低いところでも映るスターライトセンサー
  • スマホでの音声通話
  • アラート機能
デメリット
  • アラート音が大きい
  • アレクサ非対応
おすすめな人
  • 防犯・Wi-Fiカメラを探している方
  • ペットや小さなお子さんがいらっしゃる方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次