優しくしなやかなデザインが魅力なフランマグ「RIVERET.」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

最近手に入れたマグカップ「RIVERET.」。この間渋谷あたりを歩いていると、ふと目に入ったこちらのマグカップ。木目の優しい色味と可愛いデザイン。普段使いはもちろん、プレゼントにもおすすめのマグカップです。

購入してから2週間ほど使用して、気になるポイントや使ってみた感想をお伝えできればと思います。

気になる方は良かったら参考にしてみてください。

目次

RIVERET.

今回ご紹介するRIVERET.の「フランマグ」。天然素材の美しさと卓越された職人の技術によって作成された優しいデザイン。しっくりと手に馴染む曲線美と普段の生活に自然と溶け込むナチュラルなテーブルウェア。

価格は3,960円とマグにしては少しお高めな印象。材質は陶器やガラスではなく天然孟宗竹。天然素材にしては珍しい食洗機対応し、天然竹の暖かいぬくもりと優しい色味を感じることができるマグカップ。

RIVERET フランマグ

  • 素材:天然孟宗竹
  • サイズ:7.6 × 7.6 × 8 cm
  • 容量:310ml
  • カラー:ホワイト/ ブラウン
  • 価格:3,960円

RIVERET フランマグ レビュー

RIVERET.の化粧箱。

高級感のあるデザインとロゴはなんとも美しい。中を開くとマグとご対面し、中央に大きく構えるマグの収まり方もかっこいい。黒色の化粧箱はマグの存在感をより強調させ、なんとも気品のある雰囲気。

  • 取扱説明書
  • フランマグ ホワイト本体

今回ご紹介するのはフランマグ ホワイト。

プリンのようなシルエットが特徴的な可愛らしいマグカップ。飲み口部分がキュッと締まったリム(開口部)は、香りをより長く溜め込む。浅煎りのコーヒーやハーブティーなど、香りが長く広がる飲み物にはぴったりだ。

硬さを感じる陶器やガラス製品に比べて、見た目や質感、雰囲気も柔らかい天然素材食器。竹素材のナチュラルな色味と雰囲気はなんとも心躍る。

後ろ姿には「RIVERET.」のロゴがプリントされている。主張も抑え、マグ素材と上手く中和されている。

持ち手部分にも丁寧に作り込まれ、「しっくりと馴染む手触り」。カラーはリム部分と一緒なブラウン。このブラウンは高温で燻すことで色を変化させたもので、なんとも良い色合いを見せてくれる。

持ってみて感じたことがその「軽さ」。パッケージ込みでも220gと、軽量で扱いやすい。

「うつわ」は味の印象を決める大事な要素。このカップで飲むコーヒーはまた違った色や雰囲気を漂わしてくれるだろうな。(早く飲みたい)

コーヒーと

フランマグにコーヒーを注ぐ。いただきます。

確かに、普段のマグと比べると香りが強い印象。絞られたリムは、コーヒーを飲むときに口との空間を小さくしてくれる。そのおかげか、いつものコーヒーがより美味しく感じられる。

天然素材の持った瞬間手に馴染む感じもたまらない。柔らかい色味とコーヒーとの相性が最高だった。

毎朝コーヒーをいただいているけれど、マグ一つでまた印象や雰囲気が変わりますね。最近「コレだ。」と思えるマグに出会えてなかったから、いいお買い物ができて良かった。

今回こちらのマグを知るきっかけになったのが、駒吉(@komakich1)さんというお方。デスク周りやコーヒーなど普段投稿されているので、気になる方はぜひチェックしてみてね。

良かった&気になるポイント

  • 軽量で丈夫な素材
  • 決して安くない…プレゼントにはおすすめ

軽量で丈夫な素材

天然素材でコーティング以外は全て竹でできているためか、とても軽い。コーヒーを注いでも食器自体の重さをそこまで感じることがない。重さは普段使いにはネックになるポイント。けれどRIVERET.のマグは丈夫な作りにも関わらず、その軽量感がなんとも心地いい。

少し不安になるかなと感じていたけれど、安定感も十分でとても使いやすい。

決して安くはない…プレゼントにはおすすめ

RIVERET.のフランマグは3,960円とマグにしては決して安い値段ではない。

天然素材を十分に使用された一品であるため、ある程度の値段は仕方がないが、マグにしては少しお高め。公式でも引出物やプレゼントとおすすめされているので、自分用はもちろん、大切な方へのプレゼントとして選んでみるといいかもしれない。

この記事のまとめ

今回は優しくしなやかなデザインが魅力なRIVERET.のフランマグをご紹介。

この間フラット出かけたタイミングで出会うことができたので、「コレは…!」と思い購入できて良かった。天然素材食器は少しお高いけれど、ちゃんとその値段にあったモノで良かった。さまざまなマグを使っているけれど、こんなに最初から馴染むマグはなかなかない。

教えていただいた駒吉さんには感謝です。

オシャレで可愛いマグをお探しの方はぜひ良かったら参考にしてみてください。

今日もコーヒーと素敵な一日を。

 

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる