日本人の「使いやすさ」を追求したロボット掃除機「SwitchBot K10+」レビュー

  • URLをコピーしました!
\ お得なセール情報 /

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

今回、Switchbotから新しいロボット掃除機「K10+」がMakuakeに登場!

日本人サイズに設計された、ミニマルで高性能なロボット掃除機

部屋の隅々までしっかり掃除するだけでなく、使い捨ての水拭きシートも対応

これからロボット掃除機を手に取りたい方にぜひおすすめな製品を今回レビューしていく。

SwitchBot K10+
総合評価
( 5 )
メリット
  • 直径25cm未満の世界最小級サイズ
  • ゴミ自動収集ステーション完備で70日間ゴミ捨て不要
  • SwitchBot独自の静音技術(騒音レベル45db以下)で騒音50%カット
  • 賢いマッピング機能、進入禁止エリアなど細かな設定可能
  • 市販のお掃除シートで水拭き可能
  • 2500Paの強吸引力
  • 高品質なレーザーSLAMセンサー搭載
  • 1回の充電で120平方メートルの清掃が可能(約6畳の部屋6つ分)
デメリット
  • ダストボックスのサイズは要確認
おすすめな人
  • これからロボット掃除機を購入したい方
  • 世界最小クラスのロボット掃除機をお探しの方
  • SwitchBotメーカーをお探しの方
購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

本記事は製品提供を受けて執筆しています。

目次

SwitchBot K10+

\ SwitchBot K10+ の特徴 /

  • 直径25cm以下で狭い場所の掃除に特化したモデル
  • 市販のお掃除シートを活用した水拭きモード
  • 4Lの大容量ゴミ収集ステーション
  • 独自のSilenTechTMの技術で、騒音50%カットを実現し夜間やアパートでの使用も安心
  • 各種センサー搭載で、アプリで便利な機能が充実
■ 仕様表

Switchbot K10+

項目数値
本体寸法 (mm)248×248×92
重量 (g)2300g±10g
消費電力30W
定格電圧14.4V
バッテリー容量3200mAh
フィルター水洗い可能
吸引力2500pa/1600pa/1100pa/600pa
作動音45dB (静音モード)

ゴミ収集ステーション

項目数値
容量4L
本体寸法 (mm)220×160×320
重量約3600g
消費電力950W
電源100V 50/60Hz

一般販売予定価格:68,880円(税込、専用アクセサリーセット含む)

■付属品
付属品
スクロールできます
  1. K10+本体 × 1
  2. ゴミ収集ベース × 1
  3. モップ取付ブラケット × 1
  4. サイドブラシ × 2
  5. 小型メンテンスツール × 1
  6. 交換用ダストバッグ2枚セット
  7. フィルター × 2
  8. 専用お掃除シート30枚セット
  9. 電源コード × 1
  10. 取付説明書 × 1
  11. クイックガイド × 1
  12. サポートカード × 1
購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

K10+ 外観

本製品サイズ248×248×92mm・重さ約2.3kg

白を基調として清潔感のあるデザイン、小型サイズながらかなりしっかりとした作り。

「フェイスプレート」はマグネットで取り外し可能

取り外すと「充電ボタン」「清掃ボタン」「電源ボタン」があり操作は以下の通り。

ボタン各種
  • 充電ボタン:短押しすると再充電または再充電の一時停止
  • 清掃ボタン:長押しするとロボットの起動/停止、短押しすると清掃の開始/一時停止
  • 電源ボタン:「|」は電源オン状態、「⚪︎」は電源オフ状態(画像は電源オン状態)

背面の「ダストボックス」取ってを持ち上げる事で、簡単に取り外し可能。

フィルターも簡単に取り外せるので、汚れてきたら新しいものに交換しましょう。

背面は大きな車輪が2つついている。

この車輪は「2cmの段差も乗り越えることが可能」なので大抵の部屋は問題なく清掃可能。

左側にサイドブラシ、中央にはメインブラシが取り付けている。

どちらも取り外し簡単、お手入れの際はサクッと掃除していこう。

水拭き時はモップ取り付けパッドを取り付けて、水拭きシートと一緒に使う。

使い終わったシートは取り外してすぐに捨てるだけ、匂いも気にならずとても良い。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

ゴミ収集ステーション 外観

スクロールできます

本体サイズは220×160×320mm重さ約3.6kgのゴミ収集ベース。

4Lの大容量サイズ70日間ゴミ捨て不要とめちゃ便利なゴミ収集ステーション。

高さ32cmはとてもコンパクトで、サイズによる圧迫感は一切ない。

背面は電源ケーブルが取り付けられ、本体と接合タイプ(取り外し不可)

フタを開けると裏面には「モップ取付パッド」がついていて、中には取り外し簡単な紙パックが取り付けてある。

中のパックがいっぱいになったら新しいパックに取り替えて使おう。

下部にはロボット掃除機本体との接合部があって、ここからゴミの吸引を行う仕組み。

ロボット掃除機と接続すると充電も自動的に行なってくれるので、とても便利だ。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

実際に使ってみて

直径25cm以下で狭い場所の掃除に特化したモデル

SwitchBot K10+は、サイズ248×248×92mm・重さ約2.3kg

前モデル「S1 Plus」と比べて、本体サイズは約50%カット

このサイズ感はもう“最高”の一言に尽きる

スイッチボット(SwitchBot)
¥69,800 (2024/04/12 05:10時点 | Amazon調べ)

食卓の下部屋の隅など、なかなか掃除が行き届かない場所も、スイスイ走って余すところなくキレイに清掃。

小さくなった分だけ、より細かな弓字型運転が叶い、テーブルの下イスの脚周りも余すことなく徹底的に清掃していく

搭載されているLiDarカメラがここまで賢いとは思わなかった、本当に素晴らしい。

日本人のアイテムやサイズ感に合わせ、暮らしによりフィットすること間違いなし。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

市販のお掃除シートを活用した水拭きモード

本製品は市販の水拭きシートを取り付けることで、水拭きモードにサッと移行

モップ洗いの手間は一切かけないことで、モップに関するお悩みや、生乾きの嫌な臭いも一掃できる。

従来の水拭きモデルはモップで水拭きするタイプがほとんどだったけれど、このお掃除シートは個人的にかなり嬉しい。

サッと捨てることで、匂いが気にならないのは最高。

4Lの大容量ゴミ収集ステーション

ゴミ箱は4Lの大容量サイズ。

K10+は、ゴミを自動収集してくれるので70日間に一度ゴミ袋をつまんでポイ捨てだけ。

この機構自体はロボット掃除機によくある機能だけれど、やはりサイズ感が素晴らしい。

約32cmほどの高さは圧迫感を感じることなく、部屋の片隅に置いておける。ミニマルはやはり”正義”だった。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

独自のSilenTechTMの技術で、騒音50%カットを実現し夜間やアパートでの使用も安心

K10+は、独自の「SilenTechTM」で騒音を50%カット

45dbは図書館レベルの音、夜間の清掃も極めて静かに動作する。

騒音レベルは日本騒音調査をチェック。

ただしゴミ収集は普通に使用するとけっこう煩い(実測値:60dBほど)。

そのため、SwitchBot K10+は、ゴミの吸い上げ時間を指定できる「おやすみモード」が搭載。

午後、家族やご近所さんが不在の時間に指定するなど、ゴミ自動収集ステーションの作動音を気にせず利用することができる。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

各種センサー搭載で、アプリで便利な機能が充実

今回の「K10+」で初めてLiDarカメラ搭載のロボット掃除機を使用した筆者にとって、このセンサーには驚かされた。

自動マッピングせ正確な距離測定をスムーズに実現するこのカメラは、ロボット掃除機にとってもはや必須機能。

アプリからエリア指定清掃を行うことで、マッピングに応じたポイントを掃除可能。

リビングと寝室など小分けにして清掃や、特定のエリア柔軟に対応してくれる。

スケジュール機能から毎日決められた時間に清掃することができるので、起きたら清掃が開始されていることも。

逆に掃除機のおかげで朝起きられるようになったまである。

もちろんアレクサやGoogleホームなど、スマートスピーカーにも対応

音声操作とスケジューリング機能を使いこなせば、アプリを一切使用せず掃除も可能だ。

気になるポイント

ダストボックスのサイズ

K10+はサイズが小さくなった分、ダストボックスもかなりミニマルな設計になっている。

その分従来のサイズ感と比べると、ボックスサイズは結構小さい印象。

一人暮らしの筆者にとっては、部屋面積もあってそこまで問題に感じなかったけれど、より大きな部屋や埃量によっては心配。

ただ、ゴミステーションは自動でゴミ収集してくれるので、変に溜まりすぎる心配はないので杞憂かもしれない。

購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

まとめ

ロボット掃除機は今様々なメーカーが進出しているので、非常に悩まされる。

このミニマルなサイズはSwitchBotが今回初

気になる方は、世界最小級のロボット掃除機「SwitchBot K10+」をぜひ試してみてください。

SwitchBot K10+
総合評価
( 5 )
メリット
  • 直径25cm未満の世界最小級サイズ
  • ゴミ自動収集ステーション完備で70日間ゴミ捨て不要
  • SwitchBot独自の静音技術(騒音レベル45db以下)で騒音50%カット
  • 賢いマッピング機能、進入禁止エリアなど細かな設定可能
  • 市販のお掃除シートで水拭き可能
  • 2500Paの強吸引力
  • 高品質なレーザーSLAMセンサー搭載
  • 1回の充電で120平方メートルの清掃が可能(約6畳の部屋6つ分)
デメリット
  • ダストボックスのサイズは要確認
おすすめな人
  • これからロボット掃除機を購入したい方
  • 世界最小クラスのロボット掃除機をお探しの方
  • SwitchBotメーカーをお探しの方
購入ページ

■20%OFFクーポンコード:【k104TJ】※7月10日(月)まで有効

20%OFFクーポン(k104TJ)配布中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次