BESTBUY | 2022年本当に買ってよかったモノ10選!

豆のチカラをしっかり引き出すコーン式グラインダー「cores C330」レビュー

  • URLをコピーしました!

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

コーヒーを毎日淹れる時に使用する電動ミル「cores コーングラインダー C330」。

かれこれ2年ほど使用してきたけれど、今でも活躍中の素敵な珈琲器具。コーヒー豆を均等に挽き、一杯の美味しさを陰で支えてくれる。

そんな電動グラインダーの魅力を今日はご紹介していきたいと思います。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)
\ お得なセール情報 /
目次

cores コーングラインダー C330

\ cores コーングラインダー C330の特徴

  • 極細挽き~粗挽きまで無段階設定可能
  • 均質な粒度、粒子形状(コーン式)
  • メンテナスしやすい内部設計
  • 古い微粉が内部に残ることを最小限に抑える直下型構造

今回ご紹介するアイテムは、挽きムラが少なく均質で豆の風味を失わない、スペシャルティコーヒーに適したコーン式グラインダー「cores C330」。

低速回転のコーン式グラインドユニットが、均質な粒度と風味の劣化を抑え、極細挽き~粗挽きの無段階調節を実現。

エスプレッソやハンドドリップなど、シーンに合わせた飲み方が可能。直下型構造にすることで、古い微粉が内部に残ることを最小限に抑え、お手入れも簡単な電動コーヒーミルです。

cores コーングラインダー C330

  • サイズ:W12.0×D23.0×H34.5cm
  • 重量:2.5kg
  • 材質:ポリプロピレン・ステンレス・シリコン
  • コードの長さ:1.3m
  • 電源:100V 50/60Hz
  • 消費電力:150W
  • 付属品:ブラシ・スプーン
  • 回転数:420rpm
  • 定格時間:90 秒(連続運転)
  • 最大容量:ホッパー240g / コンテナ130g
  • 生産国:中国
cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

外観

製品サイズW12.0×D23.0×H34.5cm、重さ2.5kgと縦長なデザインが特徴的。

黒一色のカラーとシルバーの挿色にシックで落ち着いた雰囲気。部屋の雰囲気にも合いやすく、オシャレなグラインダー。

上部のホッパーは取り外し可能で、コーヒー豆をスケールに乗せて計量することができる

最大240gまでコーヒー豆を入れることができるので、家族など大人数での使用も問題なし。

電源は100V 50/60Hz、消費電力150Wで、コンセントに直接接続して使用します。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

低速回転のコーン式グラインドユニット

コーン式のグラインドユニットは均一な粒度を再現し、摩擦熱が発生しないよう低速回転している。実際使用すると「ウィーン」と電動グラインダーの音がして、豆をガリガリと挽いていく。

音はそこそこ煩いので、使用は昼間のほうが良さそう。豆の風味劣化を最小限に抑える効果も合わせているので、安心して使用できそうです。

コーン式

コーヒー豆を潰しながら粉砕されるので、挽後は多面体のような粒子になる。粉も柔らかく、水分が侵入しやすいので、ドリップに適した状態の粉に仕上がる

フラット式

コーヒー豆を切断するような粉砕になり、細長い形状になる。

極細挽き~粗挽きまでの無段階設定

グラインドユニットは1~10段階方式を採用し、極細挽きから粗挽きまで、好みの粒度に合わせることができる。朝はハンドドリップ、お昼はエスプレッソを淹れるのもいいね。

ダイヤルを回すと「カチカチ」と気持ちいい音が鳴る。

グラインドユニット
スクロールできます
グラインドユニット:1
グラインドユニット:3
グラインドユニット:5
グラインドユニット:7
グラインドユニット:8.5
グラインドユニット:10

実際に挽き具合を観察すると豆の均一度が良く確認できます。

極細挽きはとても粉のように小さく、粗挽きは豆の粒度が結構大きい。粗挽きはチャフも含まれてるけれど、少し粒度にバラつきが目立つ印象ですね。

僕はサッパリ目に淹れることが好みで、浅煎り・中煎り(6, 7)、深入り(7~8)エスプレッソ(1)の挽き具合で使用することが多いです。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

メンテナスしやすい内部設計

グラインドユニットはストッパーを外すことで、丸ごと取り出すことが可能。

直下型構造で、内部の微粉を軽減し、付属しているブラシで内部掃除を簡単に行えるのはうれしいところ。

ホッパーや受皿も外せ、水洗いできるのでメンテナンスも簡単に行えそうだ。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

実際に使ってみて

豆の均一性

コーヒーを淹れる上でポイントの一つになる、豆の均一性

ドリップ時はコーヒー豆に対して均等にお湯を浸透させ、美味しさを抽出する。コーン式だから、とまでは言わないけれど、豆の均一性は確かに担保されている気がする。

粗挽きは扱いが難しいところもありますが、挽き度による雑味は少ないように感じました(抽出にもよるけれど…)。

エスプレッソやハンドドリップなど、幅広く使えるのも魅力的ですね。

メンテナンスのしやすい

グラインドユニットは、本体の直下型構造をもってしても結構微粉が残っていることが多い。

メンテナンスは必須ではありますが、取り外しはとても簡単。ホッパーや受け皿は水洗いでサッと流し、グラインダーはブラシでこすってやると奇麗になります。

グラインダー掃除は結構気力が要るけれど、コーヒーを美味しく淹れるには必要不可欠ですね。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

駆動音は大きめ

動画でなんとなく分かると思いますが、ミルの駆動音は結構大きめです。

わりと掃除機レベルの駆動音で、そこそこストレスになります。電動ミルはその便利性と駆動音がトレードオフの関係。

僕は使用シーンをなるべく朝にして、夜淹れる時は手動ミルを使用しています。

微粉は結構残る印象

使用して気になるところはコーヒー豆の微粉

コーヒー豆を挽いた後、グラインダー内にもコーヒー豆を少し残っていることが多々。カップをとると、グラインダー部から微粉が落ちて受け皿に溜まるシーンは結構あります。

微粉はEufyのハンディクリーナーでよく掃除しています。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

まとめ

coresのコーングラインダーを使用して2年弱ほどですが、とても素敵なプロダクトに出会えたと思ってます。電動グラインダーにしては価格も抑えめで、エントリーモデルとしてもピッタリ

興味がある方はぜひ一度、coresで挽いてみてはいかがでしょうか。

cores
¥20,000 (2022/07/04 09:32:51時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次