高画質とコンパクトボディを両立、富士フィルム標準ズームレンズ「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」レビュー

  • URLをコピーしました!
\ お得なセール情報 /

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

今回はレンズのお話。

普段使用しているカメラ「FUJIFILM X-S10」と一緒に購入した標準ズームレンズをご紹介。

優しいボケ感と、画角はスナップやポートレートにもってこいのレンズ。フジレンズの中でも最小・最軽量のミニマルなレンズとなってます。

目次

FUJINON XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ

\ XC15-45mmの特徴

  • Xシリーズで最小・最軽量
  • 使用頻度の高い焦点距離
  • レンズ先端から5cmまでの接写
  • 電動ズームを採用し、快適な操作性
  • 光学式手ブレ補正機能を搭載
  • 高速で静音なオートフォーカス

今回ご紹介するアイテムは、高画質とコンパクトボディを両立した標準ズームレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」。

「Xシリーズ」用交換ズームレンズとして最小(全長44.2mm *1)・最軽量(135g)を実現したスナップ撮影にぴったりなレンズ。

使用頻度が高い23mm~69mm相当(35mm判換算)の焦点距離をカバーし、幅広いシーンでも軽快に撮影できます。

XC15-45mm 主な仕様
型番フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
レンズ構成9群10枚 ,(非球面レンズ 3枚、EDレンズ2枚)
焦点距離f=15-45mm(35mm判換算:23 – 69mm相当)
画角86.9° – 35.0°
最大口径比(開放絞り)F3.5 – 5.6
最小絞りF22
絞り形式羽根枚数:7枚(円形絞り) ,ステップ段差:1/3ステップ(全17段)
撮影距離範囲広角:13cm-∞、望遠:35cm-∞
最大撮影倍率0.24倍(W端)
外形寸法:最大径×長さ (約)62.6mm × 44.2mm(収納時) ,62.6mm × 65.2mm(W端) ,62.6mm x 22.1mm(T端)
質量(約)135g(レンズキャップ含まず)
フィルターサイズ52mm
同梱品レンズキャップ FLCP-52II ,レンズリアキャップ

外観

本製品サイズ62.6mm × 44.2mm、重量135g

フジレンズの中でも最小&最軽量な標準ズームレンズ。(ブラックミストフィルター付いちゃった…)

フィルターサイズ52mm

焦点距離は15-45mm(35mm判換算:23 – 69mm相当)となっている。

側面にズームリングがあり、余計な文字は一切なく「15-45」ズーム域が小さくプリントされている。

Xシリーズで最小・最軽量

XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZは、全長44.2mm・質量135gの小型軽量化を実現した標準ズームレンズ。

フジXシリーズの中でも最小・最軽量を実現したコンパクトレンズ

普段も持ち運びはもちろん、スナップやフォトウォークにぴったり。

X-S10と合わせても約600gと、とにかく軽い。

ミニマルなX-S10とも重なり、カメラとして非常にコンパクトにまとめられます。

使用頻度の高い焦点距離

使用頻度が高い広角23mm~中望遠69mm相当(35mm判換算)の焦点距離をカバー

風景やポートレートなど幅広く使用できる標準レンズ。

広い画角は風景や複数人の撮影を楽々に。ズームした中望遠距離は、ポートレートに最適です。

僕は33mmほどの準広角が好み。

レンズ先端から5cmまでの接写

広角端23mm相当ではレンズ先端から5cmまでの接写が可能

料理や小物などの撮影にも適し、背景を目一杯入れたいときは助かることも。

珈琲フォトなど、被写体が近い撮影に結構助かる機能です。

光学式手ブレ補正機能を搭載

本レンズにはズーム中でも補正してくれる、3.0段分の光学式手ブレ補正機能を搭載

内部の振動センサーによって、暗いシーンにおける手持ちでの撮影をサポート。

写真はもちろん、動画撮影にとっても「手ブレ補正」は欠かせない機能だ。

高速で静音なオートフォーカス

本レンズは、フォーカスレンズがステッピングモーターで駆動するため、高速かつ静音なAFを実現

信号処理によって正確な位置を静音で調節してくれる。

vlogやYouTube撮影には欠かせない機能ですね。

作例

作例は以下の組み合わせで行いました。

  • カメラ:FUJIFILM X-S10
  • レンズ:XC15-45mm
  • フィルムシミュレーション:クラシックネガ・クラシッククローム

六本木散歩

六本木の街並みは思ったより寂しかった。

こんなところにリンゴが…。

昨年(2022)の銀杏奇麗だった。匂いは結構あったけど。

六本木もカフェ一杯あるね。

六本木のHARIO CAFEは美術館と併設され、中は結構小さかった。何店舗かあるみたいなので、他も足を運んでみたいな。

冬でも緑。

実際に使ってみて

ミニマル&コンパクト

フジXシリーズ最軽量のズームレンズ

もともとX-S10と一緒に購入した標準ズーム。単焦点レンズと比べるとボケ感は見劣りするが、その使い勝手や仕様感は上々。

軽すぎて持ち運び楽々、首からかけていても全然苦にならない

フィルムシミュレーションの特徴を生かし、スナップ撮影や風景撮影いいね。

ボケ感

F値は3.5~5.6域なので、ボケ感は優しい印象

玉ボケのようなきれいなボケより、被写体からなだらかにボケていく感じ。

F値は通しではないので、ズームしていくとF値は解放気味に。風景撮影には解放F値で全体の立体感を捉えると、結構いいかも。

玉ボケのような雰囲気を表現したい方は、以下のような単焦点レンズを選んでみよう。

ズームもしたいし、もう少しボケ感欲しい…」って方はこちらのSIGMAレンズなんかおすすめ。

同系統の標準ズームでF2.8通しの明るさ

コスパも抜群なので、フジユーザーは一度試して損はないかも。

シグマ(Sigma)
¥72,500 (2024/02/21 07:31時点 | Amazon調べ)

ズーム域

ズーム域は広角23mm~中望遠69mm相当(35mm判換算)と身近な撮影にはちょうどいい。

あたりの景色を淹れたいときは広角で、寄りたいときは中望遠のズーム域で撮影すると雰囲気がグッと上がる。

より望遠の撮影を行いたい場合はさすがにズームが足りないけれど、スナップには最適。

まとめ

以前SIGMAの標準ズームをご紹介しましたが、FUJINONもめちゃいいな。

X-S10を使用して早2年。カメラがここまでハマるとは思ってもみなかった。

今回使用したレンズは、X-S10のレンズキットに同梱されています。これからカメラを始めたい方はぜひ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次