BESTBUY | 2021年本当に買って良かったモノ15選!

鮮やかなカラーリングと縦溝がまるでオリガミなドリッパー「ORIGAMI」

  • URLをコピーしました!

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

オシャレでかわいいドリッパー「ORIGAMI」。

普段のコーヒーシーンをより華やかにしてくれる素敵なドリッパー。毎日扱う器具は好みのアイテムを使用していきたいですね。デザイン・機能性ともに兼ねた素敵なドリッパーを試してみたので、簡単にまとめてみました。

気になる方はぜひ手に取ってみてください。

目次

ORIGAMI

今回ご紹介するアイテムは、鮮やかなカラーリングと縦溝がまるでオリガミを折ったようにみえる「ORIGAMI」ドリッパー。20個のリブがドリッパーとフィルターの間に空間を作り、お湯の抜け感をスムーズに仕上げたドリッパー。

サイズはS(1~2杯用)と、M(2~4杯用)の2種類を展開している。デザインがとにかくかわいいドリッパーで、おうちカフェも映えますね。

ORIGAMI オリガミ ドリッパー

  • ブランド:ケーアイ(K-ai)
  • カラー:ホワイト
  • 材質:磁器
  • サイズ:Φ110×70H/底穴Φ25
  • 耐熱:温度差120℃(電子レンジ、食洗機使用可)
  • 価格:¥2,530

サイズはΦ110×H70 mm / 底穴Φ25と、Sサイズは一人用にちょうどいいサイズ。陶磁器の少しザラザラとした肌ざわりと、冷たい肌感が印象的。

後ろを向けるとまるで富士山のようなデザイン。

円錐タイプと ウェーブタイプ

ペーパーは円錐タイプと ウェーブタイプに対応。リンスすると張り付きがよくドリップしやすいので、使うときは一度リンスしてからのほうが良さそう。

ORIGAMIに陶磁器なので、使用する際はドリッパーホルダーと一緒に。マグやサーバーに直接つけると割れる危険があるので、ホルダーは一緒に購入をお勧めします。

豊富なカラー展開

https://origami-kai.com/collections/dripper/products/origami_dripper_s?variant=42156605047026

ORIGAMIはホワイトやブラックなど一般的なカラーに加え計16種類のカラーリングを展開している。今まで様々なドリッパーに触れてきたけれど、ここまで豊富なカラーは見たことがない。

プレゼントにはもちろん、好みの色や雰囲気に合わせた使い方ができるのは素晴らしい。

実際に使ってみて

ORIGAMIを使用して、実際にドリップしてみました。

用意するもの

  • コーヒー粉 14g
  • 熱湯(91℃目安) 230g+湯通し用 

使用器具

  • ペーパーフィルター:円錐フィルター
  • ドリッパー:ORIGAMI
  • サーバーまたはマグカップ:SCSコーヒージャグセット
  • 電子スケール(タイマー):Timemore

ORIGAMIに円錐フィルターをセットして、コーヒー粉を入れたらドリップ開始。今日の豆は最近PostCoddeeさんから販売されたストレンジャーボックスの一つ「エチオピア ウォルカ 120hr アナエロビック」。

トロピカルフルーツのような香りと深入りのビターな香りを感じる素敵なコーヒー豆。今日も美味しいコーヒーがいただけそうだ。

KINTO(キントー)
¥4,730 (2021/11/01 22:45:36時点 | Amazon調べ)

ドリップレシピはこんな感じ。

■ドリップレシピ

  1. 【1投目】0:00 40gまで注ぐ
  2. 【2投目】0:30 計100gまで注ぐ
  3. 【3投目】1:00 計160gまで注ぐ
  4. 【4投目】1:20 計200gまで注ぐ
  5. 【5投目】1:40 計230gまで注ぐ

僕の淹れ方はLightUpCoffeeさんの淹れ方を参考しています。

抽出率と濃度を意識しながら淹れると、ドリップの問題点などが分かりやすく、初めての方でも比較的同じように淹れることできる。浅煎りには特にいいと思うので、気になる方はぜひ参考にしてみてね。

スケールはTimemoreのコーヒースケールを使用しています。ドリップがしやすく、レシピ通り簡単に淹れることができるのでおすすめ。

淹れ終わったら好みのマグやティーカップに移していただきました。雑味も少なく好みの味が出せてよかった。

KINTO(キントー)
¥1,320 (2022/11/04 17:48時点 | Amazon調べ)

淹れやすいORIGAMI

何回か淹れてみるとORIGAMIもよく馴染んできた。抽出時のスピードや落ち感はHARIO V60に結構似ている印象を受けた。点対称のデザインは豆に対して、お湯が全体に馴染んでくれるので、浸透しやすい。

デザインはもちろん、ドリップも十分すぎる出来でした。

扱いにはちょっと注意

材質が陶磁器で出来ているので、落として割れることもよくあるみたい。サーバーやマグに直接つけて淹れると、割れる原因になるので扱いには少し気を付けたい。

最近は軽量、耐衝撃性に優れ、気軽に持ち運びが出来るAS樹脂製のORIGAMI AIRシリーズも展開されているので、気になる方はこちらのほうがいいかも。

まとめ

ドリッパーもどんどん種類が増えてきて、今では様々な淹れ方がありますね。コーヒーがおいしいことはもちろんですが、淹れる器具にも気を使っていきたいところ。ORIGAMIはデザインもかわいいのでプレゼントにもぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

今日もコーヒーと素敵な一日を。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる