BESTBUY | 2021年本当に買って良かったモノ15選

PR | テレワークや作業効率化にオススメな電動昇降デスク「FLEXISPOT E8」

  • URLをコピーしました!

電動昇降は素晴らしい。

こんにちは、キクタ(@qikta)です。

2年ほど前にFLEXISPOTを手にしてからデスク周りが劇的に変わりました。最初の頃は「デスクなんて上げないだろ〜」とたかを括っていた自分ですが、今ではFLEXISPOTなしのデスクは考えられないくらい。

今回は公式さんからお声がけいただき、新しいデスクを作ってきました。これからFLEXISPOTを始める方はぜひ参考にしてみてください。

この記事はメーカー様から商品提供をいただき、レビュー記事を作成しています。記事の内容は全く指示を受けておらず、僕が使ってみた率直な感想を記載しています。

目次

FLEXISPOT

今回ご紹介するアイテムは、作業効率を大幅にアップデートしてくれる電動昇降デスク「FLEXISPOT」。

60~125cmの昇降範囲耐荷重125kgのデスクで、可動域が広く安定感のあるデスク。

丸みを帯びた楕円形の脚部や、メモリ機能・USBポート等を取り揃えた多機能タッチパネルも搭載している。

  • 脚幅調整範囲:110~190cm
  • 昇降範囲:60~125cm
  • 耐荷重:125kg
  • 脚段階:三段階(ピラミッド)
  • 機能:USB・メモリ・ロック・障害物検知
  • パネルタイプ:タッチパネル
  • 対応天板:幅120~200cm 奥行60~80cm 厚み≥2cm
  • カラー:ブラック/ホワイト
  • 全重量:約32.7kg

竹天板とお似合い

公式では耐水性と耐久性に優れた「竹天板」との組み合わせが紹介されている。竹は抗菌、脱臭効果があることが知られており、衛生面でも優れた材質だそう。

横から竹を積み重ねたデザインもデスクのアクセントになっていてとても良い感じ。

今回はメープルの140×70cmの天板で組み立ててみましたが、天板選びの参考にぜひ。

組み立て

天板を外しても重量は約32kgとかなり重ため。

特に可変式の脚部分かなり重たいので、組み立てるときは慎重におこないましょう…。

久しぶりにFLEXISPOTを組み立てるけれど、やっぱり脚部分は重たすぎる、。

組み立ては床を傷つけないように段ボールなどを敷いてから行うと良。

また、組み立てる際には電動ドライバーがあった方が便利です。ネジをいくつも閉める必要があるので、余裕がある方はぜひ一つ手に入れておくことをお勧めします。

個人的にはXiaomiのドライバーがとてもお勧め。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)

中央の配線系は接続を誤ると故障の原因になるので注意。脚部やコントローラー、本体電源など配線がいくつもあるので、一つずつ確認してからが良いですね。

組み立て時に少し困ったのが、最後に背面中央のケーブルトレー。こちらはネジ止めするタイプではなく、挟んで止めるタイプだったので少し困惑しました…。

デスクだけでこんなに配線あるのFLEXISPOTだけだよ、ほんと。

最後はコンセントに電源を繋げると完成。天板から見るとほんと大きくて立派なデスクだ。

使用感

タッチパネルコントローラーが便利

今回のFLEXISPOT E8にはタッチパネルとUSBポートが搭載。

コントローラーをタップするだけで、簡単に好みの高さに調節したり、セットした高さに合わせてくれる。従来のメモリ機能やロック機能、検知機能も十分発揮してくれるのは流石と言ったところ。

また、側面のUSBポートもなかなか便利。普段ふとした時にUSBポートが必要になるケースがあるので、デスク横からサッと取り付けることができるのは助かりました。

あわよくばType-Cポートも欲しいところ///

メリハリのあるデスクワーク

可動域の広いデスクはテレワーク等の作業にメリハリを与えてくれる。

午後のお昼時や、少し疲れた時などにサッとデスクを上げることで作業にメリハリが出て、メンタル的にも助かるシーンが多かった。立ち上がることで気持ちも少し前のめりになるような気がするので、これは本当に良ポイント。

普段PCを前にすることが多く、肩こりなどが激しい方はぜひ取り入れてみて欲しい。

メモリ機能を利用して普段は70cm、昇降したい時は120cmで利用することが多いです。

でも、重たすぎる…

FLEXISPOTを扱う上で避けて通れないのが、その重量

30kgを超えるデスクなんて、そうそう扱うものではないので、初めて手にする方は方はびっくりすると思います。天板取り付け後、デスクをひっくり返す行為は危ないので、なるべく二人での組み立てをお勧めします。組み立てには十分気をつけて行ってください。

組み立てには十分気をつけて、ほんと(大事なことなので2回言わせてください…)

安全を考慮したデザイン

FLEXISPOT E8の脚部は安全を考慮した楕円型デザイン

以前は角ばった四角デザインだったのが、丸みを帯びた優しいフォルムになりました。角も少なくて怪我のリスクも少なく済みそう。底面部にも角が取れた優しいデザインで全体的に丸い感じが統一感を持たせてくれる。

角のあるデザインもカッコよくて良かったけれど、小さなお子さんなど近くにいる場合は安心するケースも。

自分好みのデスクへ

今回は導入しなかったけれど、せっかくFLEXSPOTを手にしたならば自分好みのデスクにアップデートしたいですよね。

天板は、自作したり、好みの天板と合わせることで、さらに自分好みに仕上げることができると思います。

天板の購入はKANADEMONOが特にお勧め。オシャレで上質な天板を手にすることができると思います(少し高いけれど…)。自作で天板を作成したい方は近所のホームセンターや通販のマルトクショップを利用してみてください。

配線周りはメッシュトレーを

また、デスク周りはケーブル類が散乱して大変なシーンが多々。

ケーブル類はなるべく一つにまとめて綺麗にしたいところ…僕はサンワサプライのメッシュトレーを愛用していて、これがまた非常に便利で気に入っています。

クランプ式で簡単に取り付けることができるので、ケーブル悩みの方はぜひ取り入れてみてね。

まとめ

今回は、作業効率を大幅にアップデートしてくれる電動昇降デスク「FLEXISPOT」をご紹介しました。

デスク周りは普段の生活に大きく影響しますよね。テレワークなどデスクに向かう時間が長ければ、よりFLEXSIPOTはその効果を発揮するように感じました。

気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる